HOME > 仕事内容 > 漁撈部

仕事内容

漁撈部

漁撈部

新世代の漁業の姿を求めて、世界の海で水産資源の開発・調査を。

水産物の供給とともに、自社船舶を保有し、世界の海で自ら水産資源の開発・調査に力を注いでいます。はるか遠洋から送り届けられる情報は、自社の情報化システムを介して分析され、最新の生きたデータとして活用されています。捕るだけの漁業から育てる漁業への展開。それは、水産業のこれからのあり方への挑戦 であり、独自な水産事業への転身も順次図っています。

漁撈部漁撈部漁撈部

新第十八松友丸竣工

新第十八松友丸竣工新第十八松友丸竣工

自社船舶である海外まき網漁船「第十八松友丸」は2015年に完成し、現在海外海域にて、主にカツオ節やツナ缶の原料となるようなカツオ・マグロを漁獲しています。
当船は、760トン型という国内最大級の船であり、海外まき網漁業の将来を担う大型まき網船です。設備としては、省エネ・省力化設備や労働・居住環境改善のための最新鋭機器を導入し、燃油の削減・乗組員の労力削減・安全航海が可能になりました。さらに、国際競争力を高めるために、ヘリを活用し、魚群を探します。
また、この船は一般社団法人海外まき網漁業協会が実施する、もうかる漁業創設支援事業に使用する船でもあります。このプロジェクトは、良質な鰹節原料を供給することで地域の発展に寄与する目的があり、さまざまな人に支えられたプロジェクトで注目度も大きいです。そのため、事業運営者の海外まき網漁業協会や地域の加工業者の方々のためにもなんとしてでも成功させていく指名を背負っております。

■旧〈第十八松友丸〉主要目
総トン数     349トン
全長         57.85m
幅        12m
深さ       7.24m      
魚倉容積       800トン      

■新(第十八松友丸)主要目
総トン数     760トン
全長       79.61m
幅        14m
深さ       8.30m
魚倉容積       1200トン

募集内容

採用方法・スケジュール

  • ニュース
  • 仕事内容
  • 社長メッセージ
  • いちまるhp
  • お問い合わせ

エントリー

▲PAGE TOP
Copyright(c) ICHIMARU GROUP. All rights reserved.